お知らせ

事業者の皆様へ(長崎県における新型コロナウイルス感染症拡大防止のお願いと支援制度のご案内について)

長崎県における新型コロナウイルス感染症拡大防止に係るお願いと経営・雇用に関する支援制度のご案内を掲載していますのでお知らせいたします。

詳細は下記リンク先ファイルをご覧ください。

2020年03月24日

小値賀町新型コロナウイルス感染症対策本部が設置されました。

 新型コロナウイルス感染症が長崎県内で確認されたことを踏まえ、本町としての対策をより迅速かつ的確に、また、総合的かつ強力に推進するため、3月16日(月)の午前9時に、町長を本部長とする「小値賀町新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置しました。情報収集に努めるとともに、町民の皆様に正しい情報を迅速にお伝えしていきます。

 

 

 集会・イベント自粛について(お願い)

 

 

 新型コロナウイルス感染症は、通常のインフルエンザと同様、患者さんの咳、くしゃみの飛沫を吸い込むことによる「飛沫感染」と唾液や鼻汁に触れた手から口を伝って感染する「接触感染」があります。

 多くの人が集まる場において、主に飛沫感染によって感染が広がることが懸念されます。

 

多くの人が集まる集会・イベント開催については、規模の大小にかかわらず開催の必要性について検討をお願いするとともに、不急の場合は自粛していただきますようお願いします。

 

 集会・イベントを開催する場合は、以下のことにご配慮ください。

  ① 参加者のマスク着用

  ② 手洗い、うがいの励行

  ③ 室内での開催の場合、換気に注意

  ④ 症状がある者の参加制限

 

※住民の皆様の、ご協力をお願いいたします。

 

【お問合せ先】

 小値賀町 住民課保健係

 TEL:0959-56-3111

2020年03月16日

中小企業・小規模事業者のみなさまへ(新型コロナウイルスに対する支援策について)

新型コロナウイルス感染症に関連する経済産業省の支援策を掲載していますのでお知らせいたします。

詳細は下記ホームページをご覧ください。

        ↓

経済産業省支援策(https://www.meti.go.jp/covid-19/)

2020年03月16日

新型コロナウイルス感染症にご注意ください!

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安について

 

1.相談・受診の前に心がけていただきたいこと

〇 発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。

〇 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。

 

2.帰国者・接触者相談センターにご相談いただく目安

〇 以下のいずれかに該当するする方は、帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

  •  ・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方

  (解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。)

  •  ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

〇 なお、以下のような方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合には、帰国者・接触者相談セン

  ターにご相談ください。

  •  ・高齢者
  •  ・糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方
  •  ・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

 (妊婦の方へ)

  妊婦の方については、念のため、重症化しやすいとの報告はなく、早めに帰国者・接触者相談センターにご

  相談ください。

 (お子様をお持ちの方へ)

  小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はなく、新型コロナウイルス感染症については、目安ど

  おりの対応をお願いします。

〇 なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等

  の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医等にご相談ください。

 

3.相談後、医療機関にかかるときのお願い

〇 帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診す

  ることはお控えください。

〇 医療機関を受診する際には、マスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳くしゃみをする際に、マス

  クやテイッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

 

□感染したと思ったら、・・・

 「帰国者・接触者相談センター」 相談時間:9:00~17:30

 「平日」【上五島保健所】電話番号:0959-42-1124

 「休日」【ながさき相談センター】電話番号①:080-3565-2602電話番号②:080-3499-8865

 

 「帰国者・接触者相談センター」に電話相談した場合

 ・感染疑い者と判断→帰国者・接触者外来受診のため上五島病院へ移送

 ・非該当と判断  →病状に応じ、一般の医療機関を受診勧奨

 

※上五島病院への移送については、協定締結船での移送になりますが、本人負担は、ありません。上五島保健所

 の指示に従って行動するようになります。

 

島外に出られる方へ (お願い)

 

 現在、全国的に市中感染による感染者が増えてきております。通院や旅行、お仕事などで、島外に出られるときは、マスクを着用し感染に注意をしましょう。

 特に公共交通機関(船舶、電車、バス等)を利用する際は、特に注意が必要です。手洗いなどは、こまめに行いましょう。外から、帰った際は、手洗い、うがいなどを徹底しましょう。

 

お問合せ

小値賀町役場住民課保健係

電話番号:0959-56-3111

 

2020年02月28日

新型コロナウイルスに関する注意喚起

12月より中華人民共和国湖北省武漢を中心に新型コロナウイルス感染症が報告されています。

 

国内でも患者の発生が確認されておりますので、町民の皆様におかれましても感染症の予防を

心掛けていただきますようお願いします。

2020年02月13日

令和元年度北松西高生卒業レポート

 12月19日(木)、北松西高校3年生による卒業レポート発表会が行われました。

 3班に分かれ、小値賀町が抱える問題について研究したレポートを堂々と発表しました。

 卒業レポートと発表の際に使用した資料を掲載しますので、興味のある方は是非ご覧ください。

2019年12月24日

人・農地プランの実質化に向けた取組

 

人・農地プランとは、農業者が話合いに基づき、地域農業における中心経営体、地域における農業の将来の在り方などを明確化し、市町村により公表するものです。

 

現在、担い手の高齢化・減少が急速に進む中で、新たな担い手の育成と産地及び農村集落の維持を図ることが喫緊の課題となっているところです。

 

これまで地域の農業を⽀えてこられた⽅達は、地域での徹底した話合いにより、ほ場整備、機械・施設の導⼊、地域の共同活動などに取り組み、地域の農業・農地を守り、発展させてきました。

 

⼀⽅、こうした⽅達が⾼齢化する中で、これからの地域の農業を担っていく世代が、効率的な農地利⽤やスマート農業を⾏うための農地の集積・集約化を進めていくには、まさに「待ったなし」の状況です。

地域の皆さんがこれまで営々と築き上げてこられた地域の農業・農地を、それを取り巻く伝統や⽂化、⾃然景観などと⼀緒に、⼦供や孫の世代にしっかりと引き継いでいきたいと思いませんか︖

 

今こそ、⼈・農地プランの実質化に取り組み、地域の話合いを再活性化して、「将来にわたって地域の農地を誰が担っていくのか」「誰に農地を集積・集約化していくのか」を地域の皆さんで決めていく必要があります。

 

人・農地プランを真に地域の話し合いに基づくものにする観点から、アンケート調査や話合いを通じて地図による現況把握を行った上で、中心経営体への農地の集約化に関する将来方針を作成することにより、人・農地プランの実質化を図ります。

 

今回、人・農地プランの実質化に取り組むに当たり、工程を作成しました。

 

 

2019年12月19日

小値賀町総合計画後期基本計画について

小値賀町では「第4次小値賀町総合計画(計画期間:平成26年度~令和5年度)(以下、「総合計画」という)を策定し、そのまちづくりの将来像である美しい海のまち 生き生きとした産業のまち ふれあいとやすらぎのまちを基本理念とした行政運営を行っています。

 

「総合計画について」詳しくはこちら>>>

2019年12月06日

11/23.24 東京池袋で令和2年度小値賀町ふるさと留学説明を行います

 令和2年度からスタートする小値賀町の離島留学「ふるさと留学」の募集がスタートしました!

 小学校5年生から高校生まで、定員2名での募集となります。(締切12/20)

 つきましては、11/23・24で行われる「アイランダー2019」において、しま親さんも来場しての留学説明会を行います。

 募集要項を添付しておりますので、ご興味のある方はぜひご連絡お待ちしております。

 

■日時:令和元年11月23日(土)10時~18時、24日(日)10時~17時

■会場:東京池袋サンシャインシティ文化会館3F 展示ホールC

 

 

【小値賀町ふるさと留学協議会事務局】

 (小値賀町総務課企画係内)

 TEL:0959-56-3111

 FAX:0959-56-4185

 mail:soumuka@town.ojika.lg.jp

 

【アイランダー2019公式サイト】

http://www.i-lander.com/2019/index.html

 

2019年11月12日

津和崎航路(小値賀~有川間)発着時間変更について

11/1(金)から小値賀~有川間の発着時間が変更となります。

詳しくは下記をご覧ください。

2019年11月01日

議会主催イベントの開催日程が決定しました

延期しておりました小値賀町議会主催シンポジウム「オヂカのミライとギカイとデアイと。」の開催日程が10/6(日)に決定いたしました。

当日は臨時の託児ルームも設置します。お気軽にご参加ください。

2019年09月30日

9月末は東京で移住相談会を開催します

小値賀町から担当者が参加する移住相談会の情報です。

詳しくは役場総務課企画係までご連絡ください。(Tel:0959-56-3111)

 

①五島列島移住相談会

日時:9月28日(土)10時~20時

会場:東京日本橋「日本橋長崎館」

   東京都中央区日本橋2-1-3アーバンネット日本橋二丁目ビル1階

内容:五島列島の自治体で初の協働移住相談会。宇久・小値賀・新上五島・五島の自治体が参加しますが、このイベントは「特にまだどこの島って決めていないけど、五島列島気になっているんです。」という方にたくさん集まってもらえればと思っています。

 

②島の暮らし相談会

日時:9月29日(日)13時~17時30分

会場:東京有楽町 東京交通会館12階カトレアサロンB

   東京都千代田区有楽町2-10-1

内容:長崎県内の離島や起業などが参加しての合同移住相談会。長崎市、佐世保市、島原市、対馬市、壱岐市、五島市、小値賀町、ながさき漁業伝習所、長崎県ナースセンター、長崎県信用協会、ながさき移住サポートセンターなどが参加します。

 

2019年09月22日

五島列島の島々横断交流拡大・移住プロジェクト事業観光客(インバウンド)受入体制拡充業務委託の一般競争入札の広告について

 

 標記について、一般競争入札を行いますので、地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の6第1項及び小値賀町財務規則第110条の定めるところにより公告します。

 詳細については添付ファイルをご参照ください。

2019年09月20日

第53回町民リクリエーション大会延期について

台風17号の接近に伴い、22日(日)に予定されておりました第53回町民レクリエーション大会は同29日(日)に延期となりました。尚、29日に実施できない場合は中止となります。

2019年09月20日

議会主催イベントの延期について

9/29(日)に予定されていました小値賀町議会主催シンポジウム「オヂカのミライとギカイとデアイ」については、都合により延期となりました。延期後の日程については改めてお知らせいたします。

2019年09月20日

小値賀町の図書館の本がインターネットで検索できるようになりました

図書館システムが新たに構築されたことに伴い、今月から小値賀町図書館の本がインターネットで検索できるようになりました。

ホームページのトップページにあるバナーをクリックいただくか、下記アドレスからご覧ください。

 

【小値賀町図書検索】

http://lib.ojika.net/WebOpac/webopac/index.do

 

2019年09月20日

テレビ放送について(9/23(月)アサデス)

9月23日(月)9:55~KBCアサデスにおいて、レポーターの齋藤ふみさんが旅する「おぢか島旅」が8/19放送分でカットされていたシーンも含めたリメイクで、放送されます。九州版です。ご覧ください。

 

 

2019年09月19日

テレビ放送について(9/25(水)にっぽんトレッキング100)

9月25日(水)、NHKBSプレミアム「にっぽんトレッキング100」において、野崎島の模様が放送されます。

俳優の青山草太さんが野崎島の「王位石トレッキング」に挑戦します。ぜひご覧ください。

 

NHKBSプレミアム

9月25日(水)午後9時00分~午後10時00分

にっぽんトレッキング100「海!山!巨石!国境の島~長崎・五島列島~」

2019年09月19日

テレビ放送について(9/21(土)NCCトコサタ)

9/21(土)NCC9:30~トコサタ「ながさき自慢の旅」で、小値賀町の模様が放送されます。

レポーターのちんねんさんが島民が自慢する場所を巡る番組です。

県内版ですが、ご覧ください。

 

2019年09月15日

当町出身 衆議院議員 北村代議士の地方創生担当大臣就任について

 

 令和元年9月11日(水)の内閣改造において、当町出身の衆議院議員 北村誠吾代議士が、地方創生担当大臣に就任されました。

 大臣就任を心よりお祝い申し上げます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

<西村町長コメント>

 

 全国的に過疎化が問題視されている中、地方を牽引するリーダーである地方創生担当大臣として、この度当町出身の北村先生が入閣されたことに対し、町民一同喜んでおります。

 離島そして過疎地域の出身である先生の手腕を十分に揮っていただき、人口減少が進む全国の地方に希望の光を灯していただけるものと確信しております。

 大臣就任期間中は、多忙な日々が続くかと存じますが、健康にご留意していただき、なお一層のご活躍をお祈り申し上げます。

2019年09月11日