島で暮らす

島で暮らす
小値賀町は長崎県で一番小さな自治体。
島の自慢の自然や食文化、そして温かい人の心は、形を変えず脈々と受け継がれてきているからこそ、これからも守り続けていきたい。どんな小さなことでも結構ですので、気になることがありましたらいつでもご相談ください。

小値賀町に移住

小値賀
人生が一度きりだとしたら、あなたはどのように生きていきたいですか? 長崎県小値賀町は、本土の佐世保市からフェリーで片道約3時間かかります。 決して近いとはいえないその島に毎年 多くの旅人が訪れます。彼らは、「この島で暮らしたい」と口を揃えます。そして、それぞれの生き方を求め、再び小値賀へ向かうのです。旅人は、この島の何に惹かれているのでしょうか。その答えを探しに、まずはこのページをゆっくりと読んでみてくさい。あなたらしい生き方のヒントがきっと見つかるはずです。

移住までの流れ

小値賀町では「荷物持って明日から小値賀に行きます」というような方は申し訳ございませんがお断りしています。島での生活は理想とは違うこともたくさんあるため、一度下見をしてもらって地元の先輩移住者の話を聞いたりしながら、移住への動きを具体化してもらっています。それが移住される人にとっても、新しい人を受け入れる地域の人達にとってもプラスになり、円滑なコミュニティが形成されるためです。
1.問合せ 「移住者相談ワンストッ プ窓口」へお問い合わせ下さい。
【小値賀町役場総務課企画係】
TEL:0959-56-3111
メールでのお問い合わせ
移住に関わる情報の発信(住居、就業等)、下見への対応を常時いたします。
2.下見 ぜひ一度、島へお越し下さい。
下見の際は、担当がご希望に添う滞在スケジュールをご提案します。
住居の紹介、島での暮らしについて案内等をさせていただきます。
3.住居 住居を決めましょう。
小値賀町には、民間の不動産屋さんがないため、住むとしたら町営住宅か空き家となります。町営住宅は、「町と個人」の契約ですが、空き家は「個人と個人」の契約となります。
※空き家バンクに登録された物件は町が仲介します。
4.引越し 引越しをしましょう。
島へ生活用品を送るには、次の方法があります。
1.引越し業者 2.運送業者 3.宅配
※カーフェリーが博多港と佐世保港からでています。
5.移住 小値賀での暮らしがはじまります。
引越し後は、まずは近所への挨拶をしましょう。地区会長さんのところへ挨拶に行くときは、担当が同行します。小値賀町では、人と人のつながりをとても大切 にします。地域になじむためにも、地区での清掃活動やお祭り行事などに少しずつ参加していきましょう。また、年に数回移住者交流会も実施しています。 島暮らしで悩みがあるときは、気軽に担当へご相談ください。

住まいについて

小値賀には民間の不動産屋さんがありません。空き家バンクや町営住宅で探してみて下さい。
空き家バンク
「空き家バンク」とは、空き家の賃貸・売却を希望する人から申込みを受けた情報を、空き家の利用を希望する人に紹介する制度です。 短期滞在型お試し住宅もあります。
町営住宅入居
小値賀島内には約90軒の町営住宅があります。 満室になっていることが多いのですが、異動などで島を離れたりする時に空きが出た場合は、町内放送や回覧板などで募集をかけます。応募者が多数の場合は抽選となります。前年度の所得状況で入居できる住宅や、できない住宅がありますので、事前にお問い合わせください。

子育て環境について

「子どもは島の宝」という言葉が小値賀にはあります。 家庭や学校だけでなく地域で見守り育んでいく。 島ならではの子育て環境についてご説明します。
出産・子育てに関する支援について
■安心出産支援補助金
小値賀町には産婦人科がないので、出産に備えて事前に本土で滞在する際の宿泊費や、定期受診する際の交通費(フェリー往復)を補助します。
■出生祝金
祝金は、第3子以降・出産時30万円、小学校入学時20万円を支給します。
■乳幼児支援
乳児家庭全戸訪問事業として、生後4ヶ月までの乳児のいる全ての家庭を訪問し、子育て支援に関する情報提供や相談を行っています。
子育てママの交流の場
子育てママの交流の場
子育てに奮闘するママ向けのサポートも充実しています!移住・転入されたママの安心できる交流の場となっています♪
■育児サークル〜バンビちゃん〜
季節に合わせた行事や、お菓子づくりなどを楽しみます。楽しむだけでなく、ママや子ども達も参加するので交流にもなります。
■子育て広場〜ぴよぴよ〜
ママと子でも達の交流に加え、講師を招いてのヨガ教室やベビーマッサージなどもあります。
幼稚園・保育園について
幼稚園・保育園について
平成27年度から「小値賀町立小値賀こども園」として新たに開園し、子育て体制を充実させました。
小値賀町ならではの教育の取り組み
教育の取り組み
小値賀町には、小学校から高校まで一校ずつあります。小・中学校に関しては、平成25年3月に新校舎が完成しました。光と風が取り込まれるよう工夫され、温かみのあるオープンな校舎となっています。
小学校・中学校・高校について
小学校・中学校・高校について
小中高一貫教育
協力して教育水準をあげていくことと、夢の実現を12年間かけてサポートしていくことが目的です。平成20年度より全国に先駆けて取り組んでいます。
小学校・中学校・高校について
小学校放課後子ども教室〜山学校〜
毎週月曜日の放課後にふれあいプラザ(図書館)に集まり、宿題を終わらせた後、地域の人たちと季節に合わせた遊びや門松づくりなどの体験活動を行っています。

町独自の支援施策

支援施策の概要は次のとおりです。詳細は、上記担当者にお問い合わせください。
■若者定住奨励金 5万円
・UIターン転入者で小値賀町内に定住するもの(18歳以上40歳まで)
・町内に2年以上居住している者
■新規就業準備金 50万円
正業として、5年以上農林水産商工業に従事する者
ただし、10年以内に従事しなくなったときは、返還しなければなりません。
連帯保証人1人を要します。

お問い合わせ

私たちがご案内します!
小値賀町は長崎県で一番小さな自治体です。「美しい海」「島を守る松林」「豊かな食文化」そして「温かい人の心」は、形を変えず脈々と受け継がれてきています。
最近では農業の後継者育成制度や観光事業等の取り組みによって120名の移住者が定住し、島を活気づけています。 私たちは「移住者相談ワンストップ窓口」として、移住に関するサポートをさせていただきます。どんな小さなことでも結構ですので、気になることがありましたらいつでもご相談ください。島の人たちと一緒に、豊富な資源を活かした取り組みに挑戦したい方をお待ちしております!
まずは一度、島へ遊びにいらしてください♪
移住の検討でご来島の際はコチラまで
小値賀町役場総務課企画係(移住者相談ワンストップ窓口)
小値賀町役場総務課企画係
所在地
〒857-4701 長崎県北松浦郡小値賀町笛吹郷 2376-1
TEL
0959-56-3111(8:30~17:15 土日、祝日、年末年始を除く)
FAX
0959-56-4185
メール
観光でご来島の際はコチラまで
観光でご来島の際はコチラまで
所在地
〒857-4701 長崎県北松浦郡小値賀町笛吹郷 2791-13
小値賀港ターミナル内
TEL
0959-56-2646(6:30~18:00 )
FAX
0959-56-3530
メール
WEBサイト