町政

小値賀町議会が通年の会期制を導入しました

小値賀町議会では、平成29年4月30日から、地方自治法第102条の2第1項の規定による通年の会期制を導入しております。

くわしくはこちら>>>

2017年04月30日

小値賀町公共施設等総合管理計画(総合計画)(案)に係るパブリックコメント及び実施結果について

小値賀町公共施設等総合管理計画(総合計画)(案)への意見募集(パブリックコメント)につきましては、平成29年3月13日から3月24日まで実施し、計33件のご意見をいただきました。貴重なご意見ありがとうございました。

提出いただきましたご意見と、それに対する町の意見、対応をお知らせいたします。

 

なお、策定した計画は、以下のページで公開しております。

小値賀町公共施設等総合管理計画(行動計画)を策定しました。

 



 

(以下、意見募集の内容)

 

意見募集は終了しました。

小値賀町公共施設等総合管理計画(行動計画)とは

小値賀町公共施設等総合管理計画(行動計画)は、公共施設等(道路・水道等のインフラ施設を含みます)に係る諸課題(公共施設の老朽化、人口減少、財政の硬直化など)に対し、総合的・長期的な観点から持続可能な町民サービスを提供するための公共施設等のあり方について方針を策定するもので、計画期間を平成29年から平成38年の10年間とします。
素案の最終決定に先立ち、小値賀町公共施設等総合管理計画(行動計画)(案)を公表し、以下のとおりパブリックコメントを実施します。

 

意見募集期間

平成29年3月13日(月曜日)から平成29年3月24日(金曜日)

 

閲覧場所

・役場総務課(土曜日、日曜日、祝日を除く)
・小値賀町ホームページ

 

ご意見を提出できる人等

・町内に住所を有する人     ・町内に事務所、事業所を有する個人、法人等
・町内に勤務、通学している人  ・その他、案件に利害関係を有するもの

 

ご意見について

 必要事項を明記の上、ご提出ください。
・必要事項 (様式は問いません。)
1.住所  2.氏名(または団体名)  3.年齢  4.電話番号
・提出方法
郵便、ファクシミリ、電子メールまたは持参
・提出先
住   所 〒857-4701
長崎県北松浦郡小値賀町笛吹郷2376番地1 小値賀町総務課財政係
電話番号  0959-56-3111
FAX番号 0959-56-4185
電子メール soumuka@town.ojika.lg.jp

 

提出されたご意見等の取り扱い

 皆さまから寄せられましたご意見は、本計画に反映したかどうかにかかわらず、ご意見の内容およびご意見に対する町の意見を、意見募集期間の終了後にホームページで公表します。公表に際しては、類似の意見およびこれに対する町の考えを、まとめて公表することがあります。また、個別の回答は行いませんのでご了承くさだい。

 なお、取得した個人情報については、本件のみで使用するものとし、また公表はしません。

※3/15 16ページ(Ⅱ.人口、公共施設等の現況と将来の見通し、3.中期財政見通し)に誤りがありましたので、修正しました。

2017年03月13日

3月定例会、傍聴してみませんか?

平成29年 小値賀町議会第1回定例会(3月議会)の日程が3/1開催の議運にて決定しました。

傍聴手続きも簡単ですので、お気軽にお越しください。

一般質問の際に、「模擬公聴会」を行います。

ご意見のある方は、議会で発言してみませんか?

 

 

【会期】3月7日(火)10時 ~ 3月16日(木) 10日間

※本会議は、7日、14日、15日、16日です。

予算特別委員会は、8日、9日、10日です。

 

【一般質問】7日 10時~ これからの藻場再生の対策について

 

 

詳細につきましては、別添資料に記載しております。

 

 

 

2017年03月02日

おぢか議会だより(3月発行分)ができました。

議会だより第95号

 

おぢか議会だより(3月発行分)では、

3/8~28に開催された「平成28年 小値賀町議会第1回定例会」の内容をお知らせします。

 

≪一般質問≫

・養寿園前の防波堤壁画の修復(松屋治郎 議員)

・担い手公社の経営(浦 英明 議員)

・教育行政のあり方(横山弘藏 議員)

・孤独死ゼロを目指す対策(末永一朗 議員)

 

≪主な記事≫

・子ども議会

・こども園保育料無料化

・出生祝い金の拡大

・農産物加工場建設

・特別養護老人ホーム養寿園の増築工事

・広報全国コンクール受賞

2016年03月31日

小値賀町議会基本条例(案)に対する意見募集をします

小値賀町議会基本条例(案)に対する意見募集をします(パブリックコメント)

 

≪意見募集期間≫平成28年2月9日(火)~2月29日(月)午後5時まで(郵送の場合、必着)

 

小値賀町議会は、「能動的に行動する議会」「町民と共に歩む議会」「政策を提案する議会」の3つの柱を中心に、議会のあり方や活動に関する基本を「小値賀町議会基本条例」として定めることにしました。

つきましては、皆様の御意見を募集したいと思います。
≪ご注意≫パブリックコメント終了後は、皆様の御意見等を反映させるなど、条例(案)に訂正等が生じる可能性がございますので、その点はご了承願います。

 

【意見募集は終了しました】

 

 

意見の提出方法および提出先

別紙「意見提出用紙」、または氏名、住所を明記した任意様式により、郵送、FAX、電子メール、または直接ご持参にてご意見等をお寄せください。
縦覧場所の役場玄関及び図書館に設置する意見箱へご投函も可能とします。
※電話又は口頭による意見、匿名による意見の受付はいたしませんので、ご了承ください。
■郵送:〒857-4701 北松浦郡小値賀町笛吹郷2376番地1 小値賀町議会事務局 宛
■FAX :0959-56-2796(議会事務局直通)
■持参:小値賀町役場 3階 議会事務局へご持参

小値賀町役場 玄関(住民課戸籍係前)意見箱へ投函
小値賀町立図書館内 意見箱へ投函

 

添付資料および意見提出用紙
◆意見募集(パブリックコメント)要領は下記の要領PDFをご覧ください。
◆小値賀町議会基本条例(案)【解説付き】の全文は下記の小値賀町議会基本条例(案)【解説付き】PDFをご覧ください。
◆意見提出用紙は、下記の意見提出用紙PDF、または意見提出用紙Wordをご利用ください。

 

公表資料の縦覧場所及び入手場所
「小値賀町議会基本条例(案)【解説付き】」および「意見提出用紙」は、下記の場所でも縦覧・入手できます。
■小値賀町役場 玄関(住民課戸籍係前)
■小値賀町立図書館
■議会事務局(役場3階)

 

ご意見の取り扱い
■お寄せいただいたご意見は「小値賀町議会基本条例」制定にあたっての参考とさせていただきます。
■個々のご意見に対して個別の回答はいたしませんので、ご了承願います。
■ご意見の概要やご意見に対する町議会の考え方は、住所、氏名等の個人情報を除いて、町議会ホームページで後日公表する予定です。
■提出された記載内容は、今回の意見募集以外の用途に使用することはありません。

 

 

2016年02月01日

一般会計補正予算に対する附帯決議を全会一致で可決

生活が厳しい年金生活者への生活支援を目的としたシルバーライフサポート給付金の予算計上に対して、現金支給以外の方法を講じることを促すために、今回の予算計上は緊急性を認めるものの、現金支給については恒常的な予算として認めず、次年度以降の見直しを図るべく、高齢者に対する更なる具体的な政策を講じる努力をすることを求めるという附帯決議案を全会一致で可決しました。(平成27年6月23日)

2015年06月23日

議員報酬特例条例を全会一致で可決

地方創生戦略策定に向け、若い世代が地方政治に関心を持ち、携わり、知恵を出していただくため、若い方々の町議会議員選挙への立候補を促すため、子育て世代の収入の確保も必要と考え、50歳以下の議員に限り、議員報酬を月額30万円にするという特例条例案を全会一致で可決しました。(平成27年3月11日)

2015年03月11日

子ども議会(小学6年生)開きました

模擬町議会を体験することにより、町政を身近に感じてもらい、将来の政治参加への意識を持つようになることを目的に開きました。(平成29年1月23日開催)

 

平成29年からの新たな試みとして、子ども議員提案の条例審議を取り入れました。

 

【小値賀町の子ども議会の特色】

・議長、副議長、臨時議長、開票立会人、会議録署名議員、局長、書記の模擬体験

・議長選挙(投票方式)

・副議長選挙(指名推選方式)

・子ども議員による一般質問

・子ども議員提案の条例審議

 

 

 

※過去開催分及び今回の会議録は下記のとおりです。

2015年02月02日

住民と試作した「小値賀町の総合計画」できました

住民と議会が試作した「小値賀町の総合計画」できました。

小値賀町の主人公としての住民の観点こそ大事にしなければならないと考え、議会と住民との共同作業で試作してみました。(平成26年1月20日)

2014年01月20日

通年議会の試行を実施しました

議会改革の具体的な取り組みの一つとして、通年議会の導入の是非を検討するにあたり、通年議会を試行的に実施します。(会期:平成26年6月~12月の間を一会期とします。)

 

2014年01月19日

議員提出の債権管理条例案を全会一致で可決

12/25 本会議において、伊藤議員から「債権管理条例案」が提出され、全会一致で可決しました。
9月議会で不納欠損額が多額になる決算時において、今後の姿勢を示す意味で債権管理条例制定を促す決議をしました。しかし、執行部は時期尚早として条例案提出を見送りました。そこで、議員からの提出となった次第です。

2013年12月25日

町長に対しての決議案を全会一致で可決

9/11 税等の滞納問題は、滞納整理事務や債権の管理体制にも問題があるとして、債権管理条例案及び滞納者への行政サービス制限条例案の提出を町長に求める決議案を全会一致で可決しました。

2013年09月11日

県知事に対しての意見書案を全会一致で可決

9/11 隣の宇久島に計画中の風力発電事業について、反対の意思表明をしました。再生可能エネルギーの開発の重要性は十分認識しておりますが、開発はその環境にふさわしいものであるべきということで、県知事に対して意見を申し上げ、事業準備書に添付される知事の意見書に対して配慮していただくよう、お願いするものです。

2013年09月11日