小値賀で子どもを育ててみませんか

はじめに 

 

「小値賀で子どもを育ててみたい」

「小値賀で子どもを育ててよかった」

小値賀の宝は「子ども」です。磨けば光る原石と同じく、小値賀の子どもたちは学校での生活はもちろん、地域での活動も含めて、島に住むすべての人々に磨かれ、そして大切にされています。

自然環境に恵まれた、そして島の人々の愛情に満ち溢れた小値賀町で、子どもを育ててみませんか。

 

小値賀の教育の仕組み

 

小値賀町では、平成16年度から「幼保一元化構造改革特区認定」を受け、現在の国の施策より10年も早く「幼保連携型」をスタートさせました。

また平成20年度からは「小中高一貫教育」に取り組んでおり、小学校・中学校・高校が有する教育力を融合させ、教育水準の向上を図りながら、子どもたちの夢の実現が図れる教育環境づくりを心がけ、12年間の一環した流れの中で子どもたちの成長を見守っています。

小中高一貫教育の流れで培われた教育力で、北松西高校では平成28年度に進路規模達成率100%を達成しました。

小中高一貫教育の全体目標「一人ひとりの夢の実現」に向けて、小値賀町が取り組んでいる施策を次では紹介します。

 

島の子どもは、島で育てる

 

小値賀町では、保護者の負担を極力軽減し、子どもを育てやすい環境を町の施策として取り組んでいます

 

『特色① 保育料の無償化』

小値賀町のこども園では、保育料を全額補助しています。(給食費のみ負担)

『特色② 教材費の無償化』

小中学校で使うテストやドリル、図工の教材に至る全てを町が負担しています。

『特色③ 各種検定料の無償化』

中学校でチャレンジする英検・数検・漢検を町が負担しています。(1人2回まで)

『特色④ 部活動遠征費の補助』

中学校、高校の部活における島外遠征費の一部を町が負担しています。

『特色⑤ 野外宿泊学習の補助』

小学校、中学校の野外宿泊学習における全ての経費を町が負担しています。

『特色⑥ インフルエンザ予防接種の助成』

年齢に応じて予防接種の一部を町が負担しています。

(個人負担金)

1歳~12歳   500円

13歳~18歳 1,000円

19歳~64歳 2,000円

65歳~74歳 1,000円

75歳以上 無料

『特色⑦ こども医療費の助成』

小学校1年生から中学校3年生までのこどもが医療機関などで保険診療により入院または通院した場合の医療費について一部を助成しています。

〇病院1か所につき、1か月分の医療費から以下の自己負担額を差し引いた金額を助成します。

1か月の受診日数が1日・・・・800円

1か月の受診日数が2日以上・・1600円

〇院外処方により、薬局で支払った薬代については全額補助

〇高額医療費や附加給付金など健康保険から補助がある場合は、相当額を差し引いた額を助成します。

『その他』

就学援助制度や就学金制度も行っています。(詳しくは小値賀町教育委員会へ)

 

小値賀の学校ホームページ

・小値賀小学校>>>http://www.ojika.net/syougakkou/ojika/

・小値賀中学校>>>http://www.ojika.net/town/juniorhigh/

・北松西高校>>>>http://www.news.ed.jp/hokushounishi-h/

 

小値賀町ふるさと留学モニター募集

小値賀町では、進行する少子化への対策のため、昨年度策定した「小値賀町ふるさと留学制度アクションプラン」に基づきモニターツアー参加者を募集します。

同モニターツアー参加者へのアンケートを実施し、受入態勢や支援制度等に関する意見を収集することで、平成30年度以降の本格実施に向けて体制を整えていきます。

つきましては、本事業におけるモニターツアーの参加者について、別添のとおり募集します。申し込み締め切りは平成29年9月29日(金)までです。

 

【申し込み・問い合わせ先】

〒857-4701

長崎県北松浦郡小値賀町笛吹郷2376-1

小値賀町役場総務課企画係 牧尾・神崎

電 話 0959-56-3111

メール soumuka@town.ojika.lg.jp

2017年08月17日